マサノブルース、京都ジャンプステークス(J・G3)を制覇!

11月10日、当場調教馬マサノブルース号(セン5、栗東・五十嵐忠男厩舎、猪野毛雅人様所有)が、京都8R、第14回京都ジャンプステークス(J・G3、障害3170m) にて道中2番手の位置でレースを進めると、最終障害で先頭に立ち、3-1/2馬身差で勝利しました。
まさしく幸運がもたらされた大きな勝利となりましたが、充実一途を見せる内容の濃いレースぶりでした。
約1年近くの長期休養を経て、同馬が立派に復帰できた事は、私達も大変喜びを感じています。

猪野毛様、五十嵐忠厩舎の皆様、優勝おめでとうございました!


マサノブルース:2007年生、セン馬
父マヤノトップガン、母パルティシオン、母の父エルコンドルパサー
栗東・五十嵐忠男厩舎所属、猪野毛雅人様の所有、新ひだか・猪野毛牧場生産
通算17戦2勝。(うち障害2勝)