プレノタート、桜花賞トライアル・フィリーズレビュー(G2)3着

3月11日、当場育成馬プレノタート号(牝3、栗東・牧浦厩舎、有限会社シルク様所有)が、阪神11R・報知杯フィリーズレビュー(G2、芝1400m) に出走しました。
今回は鞍上を安藤勝己騎手にスイッチしての一戦でしたが、道中は馬群から離れた最後方からのレース。直線大外から末脚を繰り出して勝ち馬からは0.2秒差の3着でした。

直線での伸びはクラシック戦線でも十分通用する実力を備えており、いよいよ本番の桜花賞での活躍が楽しみになってきました。



プレノタート:2009年生、牝馬
父ジャングルポケット、母セクシーココナッツ、母の父ダンスインザダーク
有限会社シルク様の所有、栗東・牧浦厩舎所属、新ひだか・松田牧場の生産。
通算成績7戦2勝