当場育成馬パシオンルージュ、デビュー戦1番人気も2着

10月3日、当場育成馬パシオンルージュ号(牝2、美浦・和田正一郎厩舎、吉田和美様所有)が、中山4R2歳新馬(メイクデビュー中山、ダート1200m) に出走しました。
レースはスタートから先手を奪い軽快に逃げ、良い手応えで直線を迎えましたが、勝ち馬に僅かに交わされたところを必死に差し返す頑張りを見せましたが惜しくも2着でした。

パシオンルージュ:2008年生、牝馬
父ボストンハーバー、母セクシーココナッツ、母の父ダンスインザダーク
美浦・和田正一郎厩舎所属、新ひだか・松田牧場生産




同馬はセクシーココナッツの2008として北海道トレーニングセールに上場し、牝馬1番時計を計時した能力を評価され購買いただいた馬です。